読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嬉遊太郎倶楽部

長崎県をホームにする磯釣り愛好会の活動日誌

野母﨑半島 地磯

 16日、前回記事の野母﨑半島の地磯に合田さんと行ってみた。途中ガゼを注文していた漁港に立ち寄った。いつものガゼ屋のオヤジが家族旅行で留守にしてる為、当日は「定位網のオバちゃんに預けてとる」とオヤジから連絡を受けていたが本当にオバちゃんが漁港に来ているか到着するまで不安だった。約束の時間5時ちょうどに目的地に到着。暗闇の向こうに、薄っすらと灯ってる作業場の方に目を向けると定置網のオバちゃんと思われる人物が歩いてきている。車を降り挨拶をすると「合田さんかね?」と尋ねられガゼの不安は一気に解消。調達完了し気分よく釣り場へ急ぐ。0530到着し車両を離れ今日一番の難関、釣り場までの徒歩移動だ。やはり想像以上の道のりだ。魚が待っていると言い聞かせながら暗闇を30分くらい歩くと到着。まだ地形、海の様子は確認できない。仕掛けを作りながら明るくなるのを待つ。そして釣り開始。最初は0全誘導でしてみたが釣れるのはイワシばかり。2B半誘導に変えてみたが結果は同じだった。となりに入ったカゴの人は2時間くらいの滞在でクロ35㌢級を5枚くらいあげていた。帰りの足取りも軽く気分よく帰っていかれた。こっちは底物もフカセ共に気配がない。合田さんが釣れたイワシで泳がせ釣りをしているとキジハタ(25㌢)が掛かった。あと潮だまりに逃げ遅れたアラカブを捕獲し結局1230くらいでやめ、来たを道戻り帰路につく。

 

f:id:kurouma0621:20151117163039j:plain

↑キジハタ

 

自分は調理までが魚釣りと思っている。「釣るだけでいいや」という人も多いと思うが意外と簡単にできる。今回は煮つけにしてしてみた。煮つけほど簡単なものはない。下ごしらえはウロコ剥がして内臓を取るだけ。あと酒、醤油、みりんが1:1:1が基本で甘めなら砂糖で、薄目なら水で、辛めなら醤油で調整。

 

f:id:kurouma0621:20151117163202j:plain

↑美味しそうなキジハタ