嬉遊太郎倶楽部

長崎県をホームにする磯釣り愛好会の活動日誌

丸瀬独占

1月4日釣潮丸で丸瀬に行ってきた。前日に電話し1人で釣れる場所が空いているか心配したが「2番船で丸瀬1人でいいよ」との回答だった。予約を入れ期待に胸を高まらせ明日を待つ。2番船なので0700目標に港を目指す。港に着いたら車の多さにビックリ。本当1人で釣れるのか心配になった。やがて 釣潮丸が見えてきた。早速2番船の客人を乗せ出航。この中にテスターの方が2人乗っていた。見た目からして釣れそうな雰囲気を醸し出していた。自分が丸瀬に揚ったあと仏崎に揚られた。今日は無風で波が低かったので早速いつもの通りレッツ0のSでハリスは2号で釣り始める。重量タイプの針を使ったのでガン玉無しで送り込む。沖向きに投げ手の平いかないサイズが数匹釣れ、やや遠投し待っていたらウキにアタリがあり合わせたら重量感はあったが引きが弱い。40チョイのチヌが姿を現しタモを入れる。しかし海を挟んで数十メートルの所にプロがいると変な意識してタモ入れが覚束なかったが、なんとか納めた。そのあと明かに40オーバーのクロと思われるアタリが。1回目の締め込みは耐えたが2回目には耐えられなかった。直結の結び目から切れていた。前回の反省から電車結びは止めようと思ってたのに早く仕掛けを作りたいが為に慣れている電車結びを使ってしまった。次からは家で練習したストロングノットで結んだが同じクラスのアタリは1日なっかた。夕マヅメが近づき撒き餌の在庫調整大量投下を行ってたら足裏前後サイズが10数匹立て続けに釣れその中に32㌢がいたのでキープした。結局チヌと32㌢と針飲んだ奴数匹の釣果だった。

f:id:kurouma0621:20170107100716j:plain

それと、この日は凄い人を目撃した。なんと仏崎にゴムボートで上陸した人がいた。ウキを見ていたらゴムボートが視界に入ってきた。まあゴムボートで釣りされるんだなと思っていたら数分し仏崎の突端あたりを見たらボートが岩場に上げられていた。どうやって乗り移ったのか見たかったが本当器用だと思う。された方は理解できると思うが1人で船から陸に乗り降りするのは非常に難易度が高い。海兵隊で訓練でも受けたことあるのかと思った。

↓ ゴムボートとプロの人

f:id:kurouma0621:20170107101845j:plain